Uncategorized

【おすすめ】電気毛布の電気代とおすすめの理由

冬になると寒くてなかなか寝付けない。寒さで目覚めてしまう。暖房で喉が乾燥する。
冬の睡眠事情は様々ありますが、我が家では電気毛布を使用してから悩みが消えました。
そんな素晴らしい電気毛布について解説していきます。絶対買いです。

電気毛布ってどうなの?

電気毛布とは電気を利用して、布団を広範囲に渡って温める器具ですね。
昔で言うところの、湯たんぽなどに当たると思いますが、布団の半分もしくは全体を暖めてくれます。
局所的に暖めてくれる湯たんぽとは異なり、快適な睡眠を手助けしてくれる画期的な布団です。

電気代が高そう。洗濯がめんどくさそう。などの気になる点を解説していきます。

電気毛布の種類

電気毛布には大きく分けて3種類の製品があります。

  • 掛けタイプ
  • 敷きタイプ
  • 掛敷タイプ

掛けタイプ

掛けタイプとは掛け布団のように使用するタイプの電気毛布です。

体の上にかけても重くなく、軽い素材で作られています。
その分コードの断裂など、強度が低いと言われています。

敷きタイプ

敷きタイプとは敷き布団のように使用するタイプの電気毛布です。

強度が高いため、体の下に敷いて使用することができます。
その分掛け布団としては、重めに感じる作りになっています。

掛敷タイプ

掛けても敷いても使えるタイプの電気毛布です。

軽量かつ頑丈な作りで、掛けても敷いても使用できるような作りになっています。
最近では掛敷タイプが主流になっているようですね。

ごり君

我が家でも掛敷タイプを使っているよ

おすすめの理由

それでは電気毛布のおすすめな理由を紹介しますね。

1.冬用布団いらず

我が家の寝室は北側にあり寒いですが、ベッドの上に電気毛布を敷いて掛け布団(三千円くらい)をかけて寝ています。
電気毛布が体全体を暖めてくてるおかげで、冬用の毛布や分厚い羽毛布団は使用していません。
結果的にクローゼットを圧迫することなく、布団を収納できています。
とにかく暖かいので、寝付きが良く布団に入ってすぐに眠りにつけますね。

2.乾燥を防げる

二度目になりますが、北側の寒い寝室で寝ています。
夜に暖房をつけて寝ていた時は、喉がカラカラでした。
電気毛布を導入してからは寝室の暖房をつけることが無くなり、
間接的に部屋全体が乾燥せずに睡眠できています。

3.洗濯できる

種類にもよりますが、最近の電気毛布は洗濯可能なものが多いです。
ただ、中に熱を発生させるコードが通っているため、
脱水、乾燥はできないものが多いみたいですね。
コードがよじれて断裂の原因になるみたいです。

我が家では洗濯までして、濡れたまま干しています。
それでも洗濯ができるのは嬉しいですね。

ごり君

布団に入ってから数秒で寝ちゃうこともあるよね。

嫁ごりちゃん

湯船で寝ちゃうみたいな感じよね。

ごり君

それ危ないやつ!

気になる電気代は?

快適な電気毛布ですが、どうしても電気代がかかってしまいます。
我が家で使用している電気毛布は
「椙山紡織」の「Premium Boa 電気毛布」です。
ダブルベッドサイズのものを使用しております。
製品の取扱説明書によると以下のようになっています。

スライドつまみ
足元標準表面温度約23 ℃約36 ℃約52 ℃
標準消費電力量
(1時間あたり)
約6 wh約36 wh約60 wh
電気料金
(1時間あたり)
約0.2 円約0.9 円約1.6 円
引用:【椙山紡織】SB20KW 取扱説明書

毎日8時間「中」でつけっぱなしにしていた場合
1日あたり約7.2円
毎日8時間×30日で約216円

1ヶ月で約216円程度の電気代で済むことがわかりました。

製品や電力会社によっても料金は変わってきますが、基本的に電気毛布は
布団の中だけを温めるために作られています。
エアコンやヒーターは部屋全体を温めるので、電気代は安く済むようになっているのです。

ごり君

何かと電気代がかかる冬にこれは嬉しい!うほ!

使用中の電気毛布

私たちが現在使用している電気毛布を紹介します。

プレミアムボア電気毛布 (椙山紡織)

我が家でも活躍している電気毛布です。
洗えるし肌触り抜群で気持ちよく寝付けます。
買ってよかったと思ってます。
タイマー機能ありの製品もありますが、価格が少々上がります。
我が家はタイマー無しを使ってます。

プレミアムボア電気毛布